自動車 ブレーキフルードの交換

ブレーキフルードの交換


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-brakef.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-brakef.html on line 49

ブレーキフルード交換時期は、車検と同じ期間になるので、車検を受けるのと一緒にブレーキフルードの交換をするのが一番手軽な交換方法でしょう。
ブレーキフルードの交換は、ディーラーや整備工場だけではなくガソリンスタンドやカー用品店でも行うことができます。
ブレーキフルードの交換する場合に特に注意することは、空気が混ざらないようにすることです。ほんの少しの空気が混入するだけでも、油圧がブレーキ本体に伝わらなくなりブレーキの利き目が悪くなるベーパーロック現象と同じようなとても危険な状態になります。

ブレーキフルード交換は、専用マシンで行われることが多くなっています。まずは、ブレーキフルードのリザーバータンクのフルードを抜き取り、新しいブレーキフルードで圧力をかけてブレーキホースやパイプ内にある古いフルードを、ブレーキ本体にある排出口に押し出します。
混入した空気が無くなるように新しいフルードで、しばらく流したままにしておきエアー抜きをします。この作業をブレーキ本体ごとに行えばブレーキフルードの交換は終了します。
また、中古車を購入した場合には、記録簿をみてブレーキフルードの交換履歴が確認できなければ購入後に交換したほうが安全でしょう。


ブレーキフルードの規格
DOT規格 DOT3 DOT4 DOT5
JIS規格 3種 4種 5種
記号 BF−3 BF−4 BF−5
ドライ沸点 205℃ 230℃ 260℃
ウエット沸 点 140℃以 上 155℃以 上 180℃以 上


日常の生活で乗る車であればDOT3で問題ありませんが、スポーツ走行をするのであれば性能の高いDOT3より上の規格を選ぶとよいでしょう。ただ、性能がよくなっても寿命が延びることはありません。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-brakef.html on line 113

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-brakef.html on line 115

〜ブレーキコンテンツ一覧〜


ブレーキの点検
ブレーキの役割は車を止めることです。現在主流になっているディスクブレーキの仕組みは、ブレーキペダルを踏む力を油圧で各ブレーキ本体伝え、ディスク ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキフルードの働き
ブレーキフルードの働きは、ブレーキを踏んだ力を油圧にかえて各ブレーキ本体に力を伝える役目をしています。ブレーキフルードといってピンとこない人も ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキパッドの交換
ブレーキパッドは乗り方によって消耗するスピードは違ってきます。そのため、走行距離が何kmになったら交換、何年経てば交換するという目安はありません。 ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキフルードの交換
ブレーキフルードの交換時期は、車検と同じ期間になるので、車検を受けるのと一緒にブレーキフルードの交換をするのが一番手軽な交換方法でしょう。ブレー・ ・ ・ ・
>>続き