自動車 ブレーキフルードの働き

ブレーキフルードの働き


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-hataraki.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-hataraki.html on line 49

ブレーキフルード働きは、ブレーキを踏んだ力を油圧にかえて各ブレーキ本体に力を伝える役目をしています。
ブレーキフルードといってピンとこない人も多いと思いますが、今まではブレーキオイルとして呼ばれることが多くありました。
ブレーキペダルは、マスターシリンダーからブレーキ本体のシリンダーとホースやパイプでつながっており、ブレーキペダルを踏むことでマスターシリンダーに圧力がかかります。その圧力はホースやパイプでブレーキ本体のシリンダーに伝わりブレーキパットがディスクローターに押しつけらることでブレーキが利くようになっています。

ブレーキフルードの劣化
ブレーキを多用するとブレーキ本体が摩擦熱によって加熱し、ブレーキフルードも高温になります。そのまブレーキフルードの沸点を超えると一部が蒸発し気体になります。マスターシリンダーやパイプ、ホース内に気体があるとブレーキ本体に圧力が伝わらなくなりベーパーロック現象と呼ばれるブレーキが利かなくなる危険な状態になります。

一般的に使われているDDT3規格のブレーキフルードは205℃が沸点になりますが、数%の湿気がブレーキフルードに含まれるだけで沸点温度は150℃くらいまで下がってきます。 普通であれば、数%も水分を含むことはないと思われていますが、ブレーキフルードの性質は水分を含みやすくなっていますので、空気中の湿気もどんどん吸収していきます。

車の乗り方や様々な条件で危険な状態に数年でなります。ブレーキ動作には問題がなくても、ベーパーロック現象を起こしやすくなっています。安全に車の運転ができるように2〜3年でブレーキフルードを交換するほうが良いでしょう。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-hataraki.html on line 74

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/b-hataraki.html on line 76

〜ブレーキコンテンツ一覧〜


ブレーキの点検
ブレーキの役割は車を止めることです。現在主流になっているディスクブレーキの仕組みは、ブレーキペダルを踏む力を油圧で各ブレーキ本体伝え、ディスク ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキフルードの働き
ブレーキフルードの働きは、ブレーキを踏んだ力を油圧にかえて各ブレーキ本体に力を伝える役目をしています。ブレーキフルードといってピンとこない人も ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキパッドの交換
ブレーキパッドは乗り方によって消耗するスピードは違ってきます。そのため、走行距離が何kmになったら交換、何年経てば交換するという目安はありません。 ・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキフルードの交換
ブレーキフルードの交換時期は、車検と同じ期間になるので、車検を受けるのと一緒にブレーキフルードの交換をするのが一番手軽な交換方法でしょう。ブレー・ ・ ・ ・
>>続き