自動車 ベースオイルと性能

ベースオイルと性能


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-bsasoil.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-bsasoil.html on line 49

原油を精製した鉱物油がベースオイルの標準になっています。この基本となるベースオイルに添加剤を加えることでエンジンオイルは作られています。
様々な分子が集まり鉱物油はできていますが、その分子ひとつひとつがオイルの一種になります。しかし、これら分子の中には性能が劣るオイルも含まれているので、化学的に分子の組み替え行った化学合成油をベースオイルとして使うこともあります。

化学合成油をベースオイルとしてエンジンオイルを作ると、鉱物油よりもオイルの寿命が延び性能も安定してきます。また、目的に合わせた性能のオイルを作りやすいメリットがあります。しかし、値段が高くなってしまうのがデメリットになります。
このほかにもベースオイルには、鉱物油と化学合成油の中間に位置する部分合成油や半合成油と呼ばれるベースオイルもあります。これは鉱物油と化学合成油を混ぜ合わせたり、高度精製油と呼ばれる精製時に品質改良したベースオイルがあります。

ベースオイルに加えることができる添加剤の量には限度あるため、性能が高いオイルを作る場合には化学合成油を使うことが多くなります。また、様々な添加剤を使うことで高性能にすることができますが、当然その分値段も高額になっていきます。
オイルを購入の際に、ベースオイルは一つの目安になりますが鉱物油や化学合成油、高精製油などに注目するのではなく、エンジンオイルとしての性能に注目するほうが良いでしょう。
最近では燃費を良くしたり、スポーツ走行に適したエンジンオイルが販売されているので、自分の車の乗り方でエンジンオイルを選ぶとよいでしょう。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-bsasoil.html on line 71

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-bsasoil.html on line 73

〜エンジンコンテンツ一覧〜


エンジンの点検
エンジンの点検はまず、エンジンをかけることから始めます。スムーズにエンジンがかかるか、異音や振動はないか、アイドリングは一定になっているか点検し ・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの働きと役目
エンジンオイルは走行距離や一定期間で交換したり、オイルの量が不足していなければ良いことは誰でも知っていますが、交換時期を正しく知って交換している ・ ・ ・ ・
>>続き

オイルとフルード
車には燃料となるガソリンや軽油といった液体のほかに、様々な液体が使われており、車を機能させるために重要な働きをしています。車のオイル交換といえばよ・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの点検
エンジンオイルが不足すると、エンジン内に十分なオイルが行き渡らなくなり潤滑不良がおこります。そうなると部品同士に負担がかかり摩擦熱で部品が変形した・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの選び方基準
エンジンオイルの選び方の基準は、オイルの粘度とグレードになります。この粘度とグレードは車両取扱説明書などに記載されています。オイルの粘度について15・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイル劣化の原因
エンジンオイルが劣化する原因には、高温にさらされることやエンジン内にある空気に触れることでオイルが酸化してしまい劣化していきます。そのほかに、錆・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの交換時期と寿命
エンジンオイルの交換時期は一般的に半年であったり、走行距離5000kmがオイル交換の目安になっています。エンジンオイルは、車に乗らなくても劣化してく・ ・ ・ ・
>>続き

オイルフィルターの交換時期
オイルフィルター(オイルエレメントともいいます)の交換時期は、オイル交換2回に1回が一般的になっています。オイルフィルターの役目は、エンジン内で・ ・ ・ ・
>>続き

ベースオイルと性能
原油を精製した鉱物油がベースオイルの標準になっています。この基本となるベースオイルに添加剤を加えることでエンジンオイルは作られています。様々な分子 ・ ・ ・ ・
>>続き

簡単エンジンフラッシング
エンジンフラッシングとは、エンジン内に溜まった汚れをきれいに掃除することです。ワニスやスラッジなどの汚れは、少しづつエンジン内に蓄積されていきます ・ ・ ・ ・
>>続き

エアクリーナーの働き
エアクリーナーの働きは、空気中のゴミやほこりをフィルターで取り除き、きれいな空気をエンジンに送り込む役割をしています。長く使い続けているとフィルタ ・ ・ ・ ・
>>続き

エアークリーナーの交換
エアークリーナーの交換は、ディーラーや整備工場、カー用品店など交換することができます。エアークリーナーの交換といいますが、実際にはフィルターの交換 ・ ・ ・ ・
>>続き

点火プラグの交換
点火プラグには、標準的なニッケル合金と耐久性の高い白金プラグやイリジウムプラグがあります。点火プラグは火花を作り、燃料に着火させることでエンジン・ ・ ・ ・
>>続き

エンジントラブルの原因
エンジントラブルが起きた場合には、電気系を最初に疑う必要があります。エンジントラブルの原因には、大きく分けると点火系と燃料系、メカニカル系の3つ ・ ・ ・ ・
>>続き