自動車 エンジンオイルの選び方基準

エンジンオイルの選び方基準


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-oilerabikata.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-oilerabikata.html on line 49

エンジンオイル選び方基準は、オイルの粘度とグレードになります。この粘度とグレードは車両取扱説明書などに記載されています。

オイルの粘度について
15W−50といったようにWと2つの数字を使いSAE粘度分類という規格で表示されています。
15W−50であれば、『15W』が低温時の性能を表し『50』が高温時の性能を表しています。低温時の性能は、数字が小さいほど性能が良くなり低温でも油膜をつくり硬くなることがありません。一方、高温時の性能は数字が大きくなるほど性能が良くなり高温になっても油膜を形成することができます。

粘度分類の規格の基準は、車種によって異なっていますが全く同じにしなければいけないというわけではありません。
高速道路などエンジンの温度が高くなる乗り方をしていれば高温時の性能が高いオイルを使ったり、寒い冬場にエンジンの始動性を良くしたいのであれば低温時の性能が高いオイルを使うことも問題になることはありません。

オイルのグレードについて
オイルには様々なグレードがあり、APIサービス分類という規格で表示されているのが一般的です。
ガソリンエンジンであれば、SL、SGというように、Sから始まるアルファベット2文字でオイルのグレードが決まっています。高品質のオイルはSMで次にSL、SJ、SH、SG、SFの順番になっています。
オイルの品質の規格テストに合格すると、SAE粘度分類と省燃費性能を示したドーナツマークが表示されます。グレードの基準は車種によって決まっていますが、グレードアップしたオイルを使っても問題はありせん。
最近では、ILSAC(潤滑油国際基準化および認定委員会)のエンジン保護性能と省燃費性能の規格に合格したスターバーストマークが一緒に表示されるようになっています。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-oilerabikata.html on line 78

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/e-oilerabikata.html on line 80

〜エンジンコンテンツ一覧〜


エンジンの点検
エンジンの点検はまず、エンジンをかけることから始めます。スムーズにエンジンがかかるか、異音や振動はないか、アイドリングは一定になっているか点検し ・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの働きと役目
エンジンオイルは走行距離や一定期間で交換したり、オイルの量が不足していなければ良いことは誰でも知っていますが、交換時期を正しく知って交換している ・ ・ ・ ・
>>続き

オイルとフルード
車には燃料となるガソリンや軽油といった液体のほかに、様々な液体が使われており、車を機能させるために重要な働きをしています。車のオイル交換といえばよ・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの点検
エンジンオイルが不足すると、エンジン内に十分なオイルが行き渡らなくなり潤滑不良がおこります。そうなると部品同士に負担がかかり摩擦熱で部品が変形した・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの選び方基準
エンジンオイルの選び方の基準は、オイルの粘度とグレードになります。この粘度とグレードは車両取扱説明書などに記載されています。オイルの粘度について15・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイル劣化の原因
エンジンオイルが劣化する原因には、高温にさらされることやエンジン内にある空気に触れることでオイルが酸化してしまい劣化していきます。そのほかに、錆・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの交換時期と寿命
エンジンオイルの交換時期は一般的に半年であったり、走行距離5000kmがオイル交換の目安になっています。エンジンオイルは、車に乗らなくても劣化してく・ ・ ・ ・
>>続き

オイルフィルターの交換時期
オイルフィルター(オイルエレメントともいいます)の交換時期は、オイル交換2回に1回が一般的になっています。オイルフィルターの役目は、エンジン内で・ ・ ・ ・
>>続き

ベースオイルと性能
原油を精製した鉱物油がベースオイルの標準になっています。この基本となるベースオイルに添加剤を加えることでエンジンオイルは作られています。様々な分子 ・ ・ ・ ・
>>続き

簡単エンジンフラッシング
エンジンフラッシングとは、エンジン内に溜まった汚れをきれいに掃除することです。ワニスやスラッジなどの汚れは、少しづつエンジン内に蓄積されていきます ・ ・ ・ ・
>>続き

エアクリーナーの働き
エアクリーナーの働きは、空気中のゴミやほこりをフィルターで取り除き、きれいな空気をエンジンに送り込む役割をしています。長く使い続けているとフィルタ ・ ・ ・ ・
>>続き

エアークリーナーの交換
エアークリーナーの交換は、ディーラーや整備工場、カー用品店など交換することができます。エアークリーナーの交換といいますが、実際にはフィルターの交換 ・ ・ ・ ・
>>続き

点火プラグの交換
点火プラグには、標準的なニッケル合金と耐久性の高い白金プラグやイリジウムプラグがあります。点火プラグは火花を作り、燃料に着火させることでエンジン・ ・ ・ ・
>>続き

エンジントラブルの原因
エンジントラブルが起きた場合には、電気系を最初に疑う必要があります。エンジントラブルの原因には、大きく分けると点火系と燃料系、メカニカル系の3つ ・ ・ ・ ・
>>続き