自動車 AT・CVTの点検

AT・CVTの点検


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/h-at.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/h-at.html on line 49

AT・CVTの点検は実際に走行しながら点検をしますが、異常があっても症状を確認することは簡単にはわからないことが多いのが現状です。
AT・CVTは車に乗り続けている以上劣化していくのは当たり前で、多少の悪化はしょうがないことです。AT・CVT劣化すると変速時のショックが大きくなったり、加速性能がわるくなったりします。そのほか、燃費の低下やシフトレバーで変速してもタイミング遅くなったりします。
これらの症状は少しずつ進行していくので気付かないことがほとんどです。
ATを分解して掃除したり傷んだ部品の交換をするオーバーホールを行えば新車時のような状態にできますが、費用が高額になるためにあまり薦められるものではありません。
簡単な改善方法は、ATフルードの交換が一般的で定期的の行うことによりATの寿命を延ばすことができます。

故障の原因となる症状としては、普通に加速してもいつもよりエンジンの回転数が高かったり、アクセルペダルを一気に踏み込んでもギアが低速に入れ替わらず加速しない症状です。 このような症状出ると、ATが故障して走行不能になることもありますので定期的な点検が必要になってきます。

ATの点検方法は、実際に運転して変速のタイミングがいつもと変わらないか、変速のショックが大きくないかなど意識しながら注意します。また、シフトレバーできちんと変速できるか、安全な場所で一気にアクセルを踏みキックダウンして加速していくか、OD(オーバードライブ)を切り替えて変速するかも確認します。
そのほかに、車を停車しブレーキを踏むことでPレンジから他のレンジに移動できるシフトロック機能と、Pレンジにしないとキーが抜けないキーインターロック機能の点検もします。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/h-at.html on line 73

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/h-at.html on line 75

〜法定日常点検コンテンツ一覧〜


法定日常点検とは
現在の車は昔ほど故障しないために自分で点検することはなくなっています。しかし、故障しにくいからといって全く故障しないわけではないので、安全に運転するため ・ ・ ・ ・
>>続き

車検の勘違い
車検とは検査を受けて車検証を更新することです。車検について勘違いしている人も多いのではないでしょうか。定期点検整備には、12ヶ月と24ヶ月がりあ ・ ・ ・ ・
>>続き

車検と24ヶ月定期点検
規制緩和により以前と比べると車検を受ける場所は多くなりました。車検費用にしても自動車税や自賠責保険の必要な費用を除けば、1万円以下で行ってくれ業者も ・ ・ ・ ・
>>続き

定期点検整備記録簿
一般的に記録簿と呼ばれる定期点検整備記録簿も、車検証と同じように車に携行しておくことが義務付けられています。記録簿には12ヶ月点検や24ヶ月点検の ・ ・ ・ ・
>>続き

簡単!車の点検
車の点検というと、エンジンなどとても複雑な部品を調べるので難しいと思うかもしれませんが、日常点検であれば見るだけでわかる簡単なものが多いので難しく考え ・ ・ ・ ・
>>続き

定期交換部品
エンジンオイルやフルードは定期的に交換することを知っている人は多いですが、そのほかに定期的に交換が必要な部品を知っている人は少ないのではないでしょ ・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンオイルの点検
エンジンオイルは定期的な交換が必要ですが、交換するタイミングが多少ずれても大事に至ることはありません。しかし、エンジンオイルは少しづつ減っていきま・ ・ ・ ・
>>続き

エンジンの点検
エンジンは車を走行させるための中心的な部品で、普通の人が点検することは難しのでディーラーや整備工場に任せるのが一番です。しかし、日頃から使っている車 ・ ・ ・ ・
>>続き

バッテリーの整備・点検
バッテリーの整備・点検で重要なことは、バッテリー液の量の確認です。バッテリー液が適量でであっても減っていれば必ず補充するようにしましょう。定期的な・ ・ ・ ・
>>続き

ブレーキの点検
多くの人は当たり前のように車に乗っていますが、ブレーキがあって止まることができるからであって、そのことについて重要性をあまり認識していないようです。 ・ ・ ・ ・
>>続き

ラジエターの点検
ラジエター液の量は、冷却装置を点検するするあたってとても重要な項目になります。ラジエター液の量を確認するには、リザーバータンクの側面にある上限と下限 ・ ・ ・ ・
>>続き

冷却装置の点検
冷却装置に異常があるとオーバーヒートを起こします。オーバーヒートの原因としてラジエター液の不足があります。ラジエターに破損がしそこからラジエター液 ・ ・ ・ ・
>>続き

AT・CVTの点検
AT・CVTの点検は実際に走行しながら点検をしますが、異常があっても症状を確認することは簡単にはわからないことが多いのが現状です。AT・CVTは・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルードの点検
ATの点検には動作や操作機能以外にもATフルードの量を点検することが重要になってきます。ATフルードはエンジンオイルのように消費されるものではありま ・ ・ ・ ・
>>続き

ステアリングシステムの点検
車は走る、止まる、曲がるという3つの動作で成り立っています。その1つの曲がる動作をステアリングシステムは担当しています。ステアリングシステムの点検・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの点検
ステアリングシステムと一緒にパワーステアリングシステムの点検も必要になってきます。パワーステアリングシステムに異常があってもすぐには操作できなく ・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤの空気圧の点検
タイヤの空気圧の点検は、基本的に月1回行うようにしましょう。タイヤの空気圧は自然に減っていきますが、乗り方やタイヤとホイールの相性で空気圧の低下 ・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤとホイールの点検
タイヤを点検する場合、溝の深さが重要になってきます。タイヤの使用限界は溝の深さが1.6mm以下なので、チェックして1.6mm以下であれば交換時期になりま ・ ・ ・ ・
>>続き

ライト類の点検
車には多くのライトがあり、ヘッドライト、フォグランプ、スモールランプ、ウインカー、ブレーキランプ、テールランプなどメインとなるライト類と、室内にある細か・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーとウォッシャーの点検
ワイパーとウォッシャーの点検は、実際に使ってみて異常がないか確認します。注意することはフロントガラスが乾いているとブレードゴムやフロントガラスを傷め・ ・ ・ ・
>>続き