自動車 ラジエター液LLC(ロングライフクーラント)濃度

ラジエター液LLC(ロングライフクーラント)濃度


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/r-noudo.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/r-noudo.html on line 49

ラジエター液LLC(ロングライフクーラント)が減ってきたら水道水で補充することもありますが、冷却効果を得ることには問題ありません。しかし、水道水は水アカが生じやすく腐敗することもありますので、ラジエター内の金属部分に錆を発生させる原因になります。
また、水道水は0℃になると凍ってしまうので、ラジエター本体やラジエターホースを傷つけることになります。そのため、ラジエター液が凍るのを防ぐためにLLCを混入することが当たり前になっています。
LLCを混入することでメリットはたくさんあります。0℃になっても凍結することがなくなるだけではなく、水の腐敗や錆びを防ぐ働きもします。また、ラジエター液の沸点温度も上昇するので、エンジンが過熱するオーバーヒートも防ぐメリットがあります。

ラジエター液LLC濃度によって凍結温度は異なっています。自動車メーカーでは、新車時にLLC濃度を30%としているところが多くあります。ただし、寒冷地仕様になるとLLC濃度は50%にしていことが多いようです。
暖かな地域であればLLC濃度は30%で問題ありませんが、スキーをするために寒い地域に行く場合はLLC濃度は50%にするのが安心です。

LLC濃度による凍結温度
LLC濃度 凍結温度
30% −16℃
35% −20℃
40% −24℃
45% −28℃
50% −35℃
55% −41℃




Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/r-noudo.html on line 107

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/r-noudo.html on line 109

〜ラジエターコンテンツ一覧〜


ラジエターの点検
リザーバータンクのラジエター液の量はエンジンが冷えているときとには少なく、温まっているときには膨張して増えますので、下限より少ない場合は問題ですが、エ・ ・ ・ ・
>>続き

冷却装置の点検
冷却ファンに異常がある場合もオーバーヒートを起こします。冷却ファンにはエンジンの回転で回すベルト駆動ファンと、現在主流になっているモーターで回す電動 ・ ・ ・ ・
>>続き

ラジエター液の働き
ラジエターはエンジンのオーバーヒート(過熱する)するのを防ぐ冷却装置の役目をしています。昔であればオーバーヒートした車を路上に止めて、エンジンを冷やし ・ ・ ・ ・
>>続き

ラジエター液(LLC)濃度
ラジエター液が減ってきたら水道水で補充することもありますが、冷却効果を得ることには問題ありません。しかし、水道水は水アカが生じやすく腐敗することもあ ・ ・ ・ ・
>>続き

ラジエター液(LLC)の寿命
LLC(ロングライフクーラント)は名前のまま寿命が長いのですが、長期間使い続けることで当然腐敗防止や錆防止の働きは低下していきます。腐敗防止や錆防止 ・ ・ ・ ・
>>続き

ラジエター液の交換
ラジエター液の補充は簡単にできますが、ラジエター液の交換となると大変な作業になるので専用マシンのあるプロの整備士に任せるのが安心です。ラジエター液の ・ ・ ・ ・
>>続き