自動車 パワーステアリングフルード(PSF)の交換と寿命

パワーステアリングフルード(PSF)の交換と寿命


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/s-koukan.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/s-koukan.html on line 49

パワーステアリングフルード(PSF)交換時期は、走行距離が2〜3万kmが理想的ですが、車の乗り方によってパワーステアリングフルードの劣化は違ってきます。たとえば、走行距離が短くても車を止めたままハンドルを切ることが多いとそれだけ負担がかかるので劣化するスピードは早くなります。

自動車メーカーではパワーステアリングフルードの交換時期を指定していないところ多いため、交換する必要がないと思っている人も多いようです。しかし、車を使い続けることで確実に劣化しているのでトラブルを引き起こす原因になってきます。実際にパワステの異常は走行距離が7万kmを超えたあたりから急に増え、修理とともにパワーステアリングフルードの交換も行われています。

一般的な規格がないパワーステアリングフルードは、自動車メーカーによって独自のフルードを 指定していることが多いので、ディーラーや整備工場で純正のパワーステアリングフルードに交換するといいでしょう。

パワーステアリングフルードの点検は、量が減っていないか、漏れがないか、褐色に変色していないかなどを確認します。わからない場合には、ディーラーや整備工場で点検を受け確認してもらいましょう。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/s-koukan.html on line 74

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/s-koukan.html on line 76

〜パワーステアリングコンテンツ一覧〜


パワーステアリングシステムの点検
点検する項目として、ハンドルを切った際にスムーズに回せ異音がしないか、ハンドルを握った手をゆるめると直進状態に自然と戻っていくか調べます。また、直進状 ・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの点検
パワーステアリングシステムの点検は、パワーステアリングフルードの量を調べます。パワーフルードは減ることはありませんが、道路の悪いところで車の下をぶつけ ・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの働き
パワーステアリング(パワステ)は、ハンドルを軽い力で操作できるシステムです。しかし、このシステムが正常に機能しなくなるとハンドルは異常に重くなり操作が・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの交換と寿命
パワーステアリングフルード(PSF)の交換時期は、走行距離が2〜3万kmが理想的ですが、車の乗り方によってパワーステアリングフルードの劣化は違ってきま ・ ・ ・ ・
>>続き