自動車 パワーステアリング点検・整備

パワーステアリング点検・整備


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/steering.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/steering.html on line 49

車のパワーステアリングは直進したり曲がったりと車を自由に動かすためになくてはならないものです。
以前の車はパワーステアリングではないためハンドルはとても重く、ハンドル操作にも力を必要としていました。また、止まっているときのハンドル操作はかなりの重労働でもありました。
最近は片手ではもちろん、指1本でもハンドルを操作できるまで軽くなったパワーステアリングになっています。パワーステアリングは油圧によってハンドルからタイヤに伝わっていますので、オイルが劣化することで重くなることがあります。
いつまでも軽いハンドル操作ができ愛車を快適に乗り続けるためにも、日頃から点検しておきましょう。




〜パワーステアリングコンテンツ一覧〜


パワーステアリングシステムの点検
点検する項目として、ハンドルを切った際にスムーズに回せ異音がしないか、ハンドルを握った手をゆるめると直進状態に自然と戻っていくか調べます。また、直進状 ・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの点検
パワーステアリングシステムの点検は、パワーステアリングフルードの量を調べます。パワーフルードは減ることはありませんが、道路の悪いところで車の下をぶつけ ・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの働き
パワーステアリング(パワステ)は、ハンドルを軽い力で操作できるシステムです。しかし、このシステムが正常に機能しなくなるとハンドルは異常に重くなり操作が・ ・ ・ ・
>>続き

パワーステアリングフルードの交換と寿命
パワーステアリングフルード(PSF)の交換時期は、走行距離が2〜3万kmが理想的ですが、車の乗り方によってパワーステアリングフルードの劣化は違ってきま ・ ・ ・ ・
>>続き