自動車 タイヤの空気圧

タイヤの空気圧


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/t-kukiatsu.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/t-kukiatsu.html on line 49

タイヤの形は、内部にある空気の圧力によって保たれています。タイヤはバネの役割もしており路面から伝わる振動や衝撃をやわらげています。そのため空気の圧力の違いによって乗り心地が違ってきます。
タイヤ空気圧は、車種ごとに適正値が決まっています。わからない場合には、運転席のドアに適正空気圧を表示したラベルが貼ってあるので確認しましょう。
空気圧が適正値より高くなると、トレッドの中央付近だけが路面と接地するので接地面が減りグリップが低下します。また、中央だけが摩耗していきます。
反対に空気圧が適正値より低くなると、中央付近がへこんだ状態になるのでタイヤの左右の消耗が早くなります。また、グリップ力の低下と燃費も悪くなります。
そのほか、空気圧が低いと走行中にタイヤがたわみ波打つようになり急激に発熱してパンクするスタンディングウェーブ現象を起こすことがあります。

タイヤの空気は、自然に減少していくので定期的な点検をし適正値を維持していく必要があります。最近では、空気の代わりに窒素を入れることがありますが、これはタイヤの空気圧を下がりにくくする方法です。
タイヤ空気圧が下がるのはタイヤ内にある酸素が少しずつゴムの分子の間から漏れていくためで、酸素分子より大きい窒素分子であればゴムの分子の間を通りにくくなるので空気圧は下がりにくくなるというわけです。
また、窒素にすると乗り心地がよくなったりハンドル操作が良くなったという人もいるようです。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/t-kukiatsu.html on line 74

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/t-kukiatsu.html on line 76

〜タイヤ&ホイールコンテンツ一覧〜


タイヤとホイールの点検
タイヤには専用ゲージを使わなくても寿命を判断する構造になっています。タイヤ側面のサイドウォールには矢印や△マークあります。このマークはウエアインジケ ・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤの空気圧の点検
空気圧の点検は、ガソリンスタンドで給油をするのと一緒に店員に依頼すれば無料で調整をしてくれます。この方法が安心で合理的です。タイヤの空気圧を点検した・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤ交換後の点検
タイヤを新品に交換し一定期間経つと空気圧が減少するトラブルが起こります。これは、新品のタイヤをリムに組んで空気を入れると、組み込む前よりも若干タイヤ・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤとホイールの働き
タイヤは路面と直接触れている唯一の車のパーツです。タイヤは車体を支えたり、操舵力や制動力、駆動力などに大切は働きをしています。タイヤを使い続けるこ・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤの空気圧
タイヤの形は、内部にある空気の圧力によって保たれています。タイヤはバネの役割もしており路面から伝わる振動や衝撃をやわらげています。そのため空気の圧・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤの寿命
タイヤの寿命は乗り方によって左右されるので、月に1度は点検するように心がけましょう。タイヤは走る、止まる、曲がるという動きをする際に路面と摩擦が起・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤの選び方
タイヤには様々なメーカー、種類がありますので初めてタイヤを選ぶ方には、どのタイヤにすればいいのか迷うことでしょう。タイヤには規格があり、この規格をき・ ・ ・ ・
>>続き

タイヤ&ホイールのクリーニング
タイヤとホイールには路面の汚れが付きやすく、特にホイールは入り組んだ構造になっているので汚れが溜まりやすくなっています。また、ブレーキの際にブレーキ・ ・ ・ ・
>>続き