自動車 ファンベルトの異常

ファンベルトの異常


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-funbelt.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-funbelt.html on line 49

ファンベルトは、エンジンの駆動力で冷却ファンを回転させるものですが、オルタネーターやウォーターポンプなどの補器類もベルトを使っています。これら駆動させるベルトをまとめてファンベルトと呼ばれています。
また、FF車やFR車の電動ファンが装備されている横置きエンジンの補器類の駆動にもベルトは使われています。
これらの駆動ベルトが緩んたり、劣化することでエンジンスタート時や加速時にベルトが滑りキュルキュルという音がするようになります。そのほか、パワーステアリングのポンプに負荷がかかったときにも音がします。
このようにベルトからキュルキュルと音がすることをベルト鳴きという症状で、このベルト鳴きが聞こえたらすぐにベルトのチェックをします。そのまま放置するとベルトが切れたりオーバーヒート、バッテリーが上がったりします。

ファンベルト点検方法は、ベルトに損傷や亀裂がないか確認します。また、ベルトの張り具合の確認もします。ベルトの中央を押したわみが1cm前後あれば問題ありませんが、たわみが正常でもキュルキュルと音がするようであれば問題があります。

最近の主流になってるエンジンは、コックベルトといわれる歯付きのベルトでカムシャフトを駆動させています。
このコックベルトは耐久性があり10万km以上走行可能とされていますが、寿命は乗り方やメンテナンス次第で左右されベルトの歯が4〜5万kmで欠けることもあります。歯が欠けるとエンジンをかけることができなくなります。
ベルトは突然切れることがあるので、走行距離が4〜5万kmになっていれば点検し異常があれば交換しましょう。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-funbelt.html on line 76

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-funbelt.html on line 78

〜トラブルコンテンツ一覧〜


車のマフラーから白煙・黒煙
エンジンにトラブルが起こるとマフラーから煙が出ることがあります。白い煙であればオイル、黒い煙であればガソリンが原因になっています。また、アイドリングや・ ・ ・ ・
>>続き

車が焦げくさい
車から焦げくさいニオイがするのは、何かが焼けていることなのでトラブルが起きていることが考えられます。たとえば、下り坂でブレーキを使いすぎたり、パーキン・ ・ ・ ・
>>続き

水温計とタコメーターでわかる異常
水温計はラジエターの水温を計りオーバーヒートを未然に防ぐのに役立っています。エンジンをスタートさせた段階ではサーモスタットは閉ざされた状態なので、冷却・ ・ ・ ・
>>続き

インジケーターで異常を知る
メーターパネル内には、エンジンなど各部に設置されたセンサーが異常を察知すると点灯する警告灯ランプが装備されています。燃料残量警告灯〜燃料タンク内のガ・ ・ ・ ・
>>続き

ファンベルトの異常
ファンベルトは、エンジンの駆動力で冷却ファンを回転させるものですが、オルタネーターやウォーターポンプなどの補器類もベルトを使っています。これら駆動さ・ ・ ・ ・
>>続き

ボンネットが振動
車は1トン前後の重量があるので、発進時は大きな力が必要になり車は振動します。しかし、発進時の振動が次第に大きくなってくるとエンジンマウントがへたって・ ・ ・ ・
>>続き