自動車 水温計とタコメーターでわかる車の異常

水温計とタコメーターでわかる車の異常


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-suion.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-suion.html on line 49

水温計はラジエターの水温を計り、オーバーヒートになるのを未然に防ぐのに役立っています。
エンジンをスタートさせた段階ではサーモスタットは閉ざされた状態なので、冷却水はラジエターを循環せずにウォータージャケット内を循環しています。そのためウォータージャケット内とラジエターの下では50度くらいの温度差が生じています。
このように冷却水の温度差がある状態で車を走らさせたりすると、サーモスタットが温度変化に反応できずオーバーヒートを起こすこともあります。そのためエンジンをスタートさせたら暖気させる必要があるのです。
水温計は徐々に上がっていきますが、サーモスタットが故障すると水温計は急にストンと落ちます。

タコメーターも車の異常を知る重要な役目をしています。たとえば、インジェクション仕様の車で水温センサーや空気温センサーにトラブルが起こると、アイドリングが不安定になり200〜300回転と上下するようになります。
また、このようなアイドリング不安定になる現象はセンサー以外に、スパークプラグが劣化していたりプラグコードの劣化によってひび割れ火花が出ることでも起こります。
日頃からタコメーターや水温計は確認するようにし、エンジンにトラブルが起きていないか注意することです。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-suion.html on line 73

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/to-suion.html on line 75

〜トラブルコンテンツ一覧〜


車のマフラーから白煙・黒煙
エンジンにトラブルが起こるとマフラーから煙が出ることがあります。白い煙であればオイル、黒い煙であればガソリンが原因になっています。また、アイドリングや・ ・ ・ ・
>>続き

車が焦げくさい
車から焦げくさいニオイがするのは、何かが焼けていることなのでトラブルが起きていることが考えられます。たとえば、下り坂でブレーキを使いすぎたり、パーキン・ ・ ・ ・
>>続き

水温計とタコメーターでわかる異常
水温計はラジエターの水温を計りオーバーヒートを未然に防ぐのに役立っています。エンジンをスタートさせた段階ではサーモスタットは閉ざされた状態なので、冷却・ ・ ・ ・
>>続き

インジケーターで異常を知る
メーターパネル内には、エンジンなど各部に設置されたセンサーが異常を察知すると点灯する警告灯ランプが装備されています。燃料残量警告灯〜燃料タンク内のガ・ ・ ・ ・
>>続き

ファンベルトの異常
ファンベルトは、エンジンの駆動力で冷却ファンを回転させるものですが、オルタネーターやウォーターポンプなどの補器類もベルトを使っています。これら駆動さ・ ・ ・ ・
>>続き

ボンネットが振動
車は1トン前後の重量があるので、発進時は大きな力が必要になり車は振動します。しかし、発進時の振動が次第に大きくなってくるとエンジンマウントがへたって・ ・ ・ ・
>>続き