自動車 CVTフルードの仕組みと交換時期

CVTフルードの仕組みと交換時期


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/tor-cvt.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/tor-cvt.html on line 49

CVTとは無段式自動変速機のことで、エンジンエネルギーを効率よく使うことができ変速のショックも少なく燃費もよくなります。しかし、CVT内の部品には従来のATよりも大きな負担がかかっているのでメンテナンスを定期的に行なう必要があります。
これまでのAT車はギアの組み合わせによって変速するので、MT(マニュアルトランスミッション)と変わらない仕組みになっています。そのため変速のショックが大きく限られたギアなのでエンジンエネルギーを無駄にしていました。その無駄をなくし効率よくエネルギーを使うためにCVTは開発されました。

CTVにはベルト式CVTとトロイダル式CVTがあり、多くの自動車メーカーがベルト式CVTを採用しています。CVTの仕組みは、ベルトと2つのプーリー(滑車)を使います。プーりー(滑車)の幅を変えることでベルトのかっかている軸が大きくなったり小さくなったりします。そのためひとつひとつギアを変えていくATとは違いスムーズに変速ができるのです。
プーリーの幅を変え大きくしたり小さくしたりするのは油圧によって行われています。この変速するための油圧にCVTフルードは使われています。そのほか、内部の潤滑やトルクコンバーターにも使われています。

トロイダル式CVTは日産が開発したCVTで、2つの円盤と2つのローラーを組み合わせからできており、ローラーの角度を変えることで変速していきます。特殊な動きを要求されるために条件あったCVTフルードを作ることができなければ、トロイダル式トロイダル式CVTは完成しなかったといわれています。

CVTフルード交換時期は、自動車メーカーによって違っていますが走行距離が2〜4万kmにっているのがほとんどです。交換を怠るとCVTに大きなダメージを与え走行不能になりますので、必ず指定された交換時期を守って交換するようにしてください。
中古車の場合、交換した記録が確認できなければすぐにCVTフルードの交換をすることが大切です。



Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/tor-cvt.html on line 71

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/tor-cvt.html on line 73

〜トランスミッションコンテンツ一覧〜


AT・CVTの点検
AT・CVTの点検は実際に走行しながら点検をしますが、異常があっても症状を確認することは簡単にはわからないことが多いのが現状です。AT・CVTは車に ・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルードの点検
ATの点検には動作や操作機能以外にもATフルードの量を点検することが重要になってきます。ATフルードはエンジンオイルのように消費されるものではありま ・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルード(ATF)の働き
ATフルードとは、オートマチックトランスミッションに使われている液体のことで、潤滑作用やエンジンの力を伝えたり、変速の油圧、防錆、緩衝作用など様々 ・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルード(ATF)の寿命
ATフルードの寿命にはっきりした期間はありませんが、走行距離が5万kmになったり、使用期間が5年目になったあたりからATフルードの交換を考えるように ・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルード(ATF)の交換
ATフルード(ATF)を交換する場合はどこでするかというと、ディーラーや整備工場、ガソリンスタンド、カー用品店になります。ATの油圧経路は細く複雑な ・ ・ ・ ・
>>続き

CVTフルードの仕組みと交換時期
CVTとは無段式自動変速機のことで、エンジンエネルギーを効率よく使うことができ変速のショックも少なく燃費もよくなります。しかし、CVT内の部品には ・ ・ ・ ・
>>続き

ATフルード(ATF)の選び方
ATフルードの選び方には注意が必要です。カー用品店に行くと様々なATフルードが揃っており、スポーツタイプのものまであります。しかし、簡単に性能が良 ・ ・ ・ ・
>>続き

トランスミッションオイルの働き
トランスミッションは、通称マニュアルといわれるMT(マニュアルトランスミッション)に使われています。現在ではAT車が主流になりMT車は少数派になっ ・ ・ ・ ・
>>続き

トランスミッションオイルの寿命
トランスミッションオイルの寿命は、エンジンオイルとは違い密閉された中で使われているので異物が混入することはほとんどありません。また、高温になること ・ ・ ・ ・
>>続き

トランスミッションオイルの交換
トランスミッションオイルの交換方法は、トランスミッションケースの下部にあるドレンプラグを外し古いオイルを排出します。次にトランスミッションケースの ・ ・ ・ ・
>>続き

ディファレンシャルギアオイルの働き
ディファレンシャルギアとは、カーブをスムーズに走るために必要不可欠な車のパーツです。FF車であればディファレンシャルギアオイルの交換は不要ですが、・ ・ ・ ・
>>続き

ディファレンシャルギアオイルの交換
ディファレンシャルギアオイルの交換のタイミングは、走行距離が3万km、または3年を目安にするといいでしょう。最低でも走行距離が4万kmでには交換するよう ・ ・ ・ ・
>>続き