自動車 ウインドウのコーティングとクリーニング

ウインドウのコーティングとクリーニング


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-coating.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-coating.html on line 49

撥水効果のあるウインドウコーティングを使えば一定の速度になると、ワイパーを使わなくても十分に視界を得ることができます。
ウインドウコーティング剤は大きく3つの分けることができ、塗布タイプスプレータイプウォッシャータンク注入タイプがあります。
寿命の長さもそれぞれ違い、塗布タイプが寿命が長く次にスプレータイプ、タンク注入タイプの順番になります。

寿命を延ばす方法として、メインは塗布タイプを使いスプレータイプとウォッシャータンク注入タイプでサポートするようにするのが一番です。
塗布タイプは撥水効果に優れていてもウインドウが汚れていては十分に効果を発揮することはできません。シャンプー洗車でウインドウは十分にきれになると思うかもしれませんが、実際にはシャンプーだけでは落とせない様々な汚れが付いています。そのため、ウインドウコーティングをする場合には徹底的にクリーニングする必要があります。

ウインドウクリーニングには、スプレータイプとコンパウンドタイプがあり、コーティングするにはコンパウンドタイプでガラスを磨きます。ガラスコンパウンドの商品は油膜取りなどの名前で販売されています。
コンパウンドといえば研磨剤なので、ガラスを傷つけてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、ガラスは丈夫な素材なのでそれほど心配する必要はありません。水を弾くようであればきれいに磨けていないので、水が張りつくようになるまで磨きます。

ガラスコンパウンドを使う場合には、シャンプー洗車前にするのが望ましいが汚れがひどいときにはウインドウだけ洗い磨きましょう。
また、ワイパーブレードを洗うことも忘れないようにします。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-coating.html on line 76

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-coating.html on line 78

〜ワイパー&ウォッシャーコンテンツ一覧〜


ワイパーとウォッシャーの点検
ブレードゴムが凸凹していると交換時期なので早めに交換します。また、点検後は汚れをきれいに拭き取ります。そのままにしているとゴムが硬化しやすくなり劣化を・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーとウォッシャーの働き
ワイパーは雨の日だけで、ウォッシャーはフロントガラスが汚れたときに使うだけなのであまり重要視していない人も多いと思います。しかし、ワイパーのゴムが劣化 ・ ・ ・ ・
>>続き

ウォッシャー液の選び方
ウォッシャー液には、ストレートタイプと濃縮タイプがあります。ストレートタイプはそのまま使えますが、濃縮タイプは水で薄める必要があります。どちらのタイ ・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーブレードの交換
ワイパーブレードの寿命は1〜2年なのですが、ほとんどの人が何年も使い続けているのが現状です。ワイパーブレードが劣化する原因は、紫外線や温度差、ワイパー ・ ・ ・ ・
>>続き

ウインドウのコーティングとクリーニング
撥水効果のあるウインドウコーティングを使えば一定の速度になると、ワイパーを使わなくても十分に視界を得ることができます。ウインドウコーティング剤は大きく ・ ・ ・ ・
>>続き