自動車 ウォッシャー液の選び方

ウォッシャー液の選び方


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-erabikata.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-erabikata.html on line 49

ウォッシャー液には、ストレートタイプ濃縮タイプがあります。ストレートタイプはそのまま使えますが、濃縮タイプは水で薄める必要があります。
どちらのタイプを使うかは環境や使う人の好みによって違ってきます。

最近では様々なウォッシャー液が登場し、ウォッシャーを使うだけで撥水効果を得られたり、フロントガラスの油膜を落とすタイプがあります。簡単に汚れを落としたり撥水コーティングをしたい人にはおススメです。
しかし、このタイプのコーティングは長持ちしませんので、長持ちさせたい人は専用のケーティング剤を使うようにしましょう。 

寒い時期には、ウォッシャー液がウォッシャータンクやホースなどで凍って使えなくなることがあります。ウォッシャー液が凍るのを防ぐのに寒冷地仕様のウォッシャー液があります。しかし、地域によっては入手できないことがありますので、濃縮タイプのウォッシャー液を通常薄める割合よりも2〜3倍濃くすれば凍りにくくなります。また、そのまま原液を使うことで更に凍りにくくなります。
そのほかウォッシャー液には、氷を解かす解氷剤の入ったものもあるので、このタイプも凍りにくくなっています。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-erabikata.html on line 73

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-erabikata.html on line 75

〜ワイパー&ウォッシャーコンテンツ一覧〜


ワイパーとウォッシャーの点検
ブレードゴムが凸凹していると交換時期なので早めに交換します。また、点検後は汚れをきれいに拭き取ります。そのままにしているとゴムが硬化しやすくなり劣化を・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーとウォッシャーの働き
ワイパーは雨の日だけで、ウォッシャーはフロントガラスが汚れたときに使うだけなのであまり重要視していない人も多いと思います。しかし、ワイパーのゴムが劣化 ・ ・ ・ ・
>>続き

ウォッシャー液の選び方
ウォッシャー液には、ストレートタイプと濃縮タイプがあります。ストレートタイプはそのまま使えますが、濃縮タイプは水で薄める必要があります。どちらのタイ ・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーブレードの交換
ワイパーブレードの寿命は1〜2年なのですが、ほとんどの人が何年も使い続けているのが現状です。ワイパーブレードが劣化する原因は、紫外線や温度差、ワイパー ・ ・ ・ ・
>>続き

ウインドウのコーティングとクリーニング
撥水効果のあるウインドウコーティングを使えば一定の速度になると、ワイパーを使わなくても十分に視界を得ることができます。ウインドウコーティング剤は大きく ・ ・ ・ ・
>>続き