自動車 ワイパー&ウォッシャーの働き

ワイパー&ウォッシャーの働き


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-hataraki.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-hataraki.html on line 49

ワイパーは雨の日だけで、ウォッシャーはフロントガラスが汚れたときに使うだけなのであまり重要視していない人も多いと思います。しかし、ワイパーのゴムが劣化するときれいに拭き取ることができず、視界が悪くなり安全運転に支障がでてきます。
ワイパーは、雨の日に視界を良くするために使われるパーツで、電動モーターによって動かされています。ブレードゴムによってフロントガラスに付いた雨粒をぬぐうのですが、使い続けているとブレードゴムが劣化しひび割れなどを起こします。そうなると、きれいに雨粒をぬぐうことができずにフロントガラスに拭き残しや拭きムラができるため視界を遮ることになります。
雨が降っているとただでさえ視界が悪いのに、さらに悪くなり危険な状態になりますので安全運転をするためにもワイパーは必要なパーツになります。

最近では、雨水をはじく撥水効果のあるコーティング剤がよく使われていますが、スピードがある程度ないと効果を得ることができないため、ワイパーはやはり必要になってきます。

ウォッシャーもワイパーと共にフロントガラスの視界を良くするためにパーツです。
ウォッシャー液は、エンジンルーム内にあるウォッシャータンクに蓄えられており、ボンネットに備え付けられたノズルから電動ポンプによってフロントガラスに向けて噴射します。
頻度に使うものではないので壊れたからといってそんなに困ることはないのですが、フロントガラスが汚れた場合わざわざ外に出て拭きとる必要がないので便利な機能です。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-hataraki.html on line 75

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-hataraki.html on line 77

〜ワイパー&ウォッシャーコンテンツ一覧〜


ワイパーとウォッシャーの点検
ブレードゴムが凸凹していると交換時期なので早めに交換します。また、点検後は汚れをきれいに拭き取ります。そのままにしているとゴムが硬化しやすくなり劣化を・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーとウォッシャーの働き
ワイパーは雨の日だけで、ウォッシャーはフロントガラスが汚れたときに使うだけなのであまり重要視していない人も多いと思います。しかし、ワイパーのゴムが劣化 ・ ・ ・ ・
>>続き

ウォッシャー液の選び方
ウォッシャー液には、ストレートタイプと濃縮タイプがあります。ストレートタイプはそのまま使えますが、濃縮タイプは水で薄める必要があります。どちらのタイ ・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーブレードの交換
ワイパーブレードの寿命は1〜2年なのですが、ほとんどの人が何年も使い続けているのが現状です。ワイパーブレードが劣化する原因は、紫外線や温度差、ワイパー ・ ・ ・ ・
>>続き

ウインドウのコーティングとクリーニング
撥水効果のあるウインドウコーティングを使えば一定の速度になると、ワイパーを使わなくても十分に視界を得ることができます。ウインドウコーティング剤は大きく ・ ・ ・ ・
>>続き