自動車 ワイパーブレードの交換

ワイパーブレードの交換


Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-koukan.html on line 47

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-koukan.html on line 49

ワイパーブレードの寿命は1〜2年なのですが、ほとんどの人が何年も使い続けているのが現状です。
ワイパーブレードが劣化する原因は、紫外線や温度差、ワイパー作動時のこすれや押さえられることです。また、ゴムの先端は作動時に押さえつけられて曲がった状態なので、劣化しゴムが硬くなると曲がったままになるので拭き残りやムラが出て雨の日の視界が悪くなります。
そのほか、ゴムが硬化することで汚れをフロントガラスの擦りつけて汚れがきれい落とせなかったり、撥水コーティング剤を塗っていてもコーティングを傷つけてしまうので撥水効果も長持ちしなくなります。

ワイパーブレード交換は2年と考え、露天駐車をしている場合は1年を交換の目安としましょう。ワイパーを使わないときにはワイパースタンドを使い、ゴムをフロントガラスから離すことで寿命を延ばすことができます。

ワイパーブレードには、大きく2つの種類がありブレードゴムの素材の違いと形状の違いです。 ブレードゴムの素材には、撥水コーティング剤と関連したものが多くあり、新品のブレードゴムを使っても形状や柔軟性によってコーティングを傷つけることがあります。そこでコーティング剤を傷つけないブレードゴムがあります。また、ブレードゴムに撥水コーティング剤を浸透させたものもあります。

一方ワイパーブレードの形状には、スポイラー付きのワイパーブレードがあります。これは、高速走行中に風でワイパーが浮き上がり拭き取り効果が低下することを防ぐ働きをいます。
そのほか、低温でも硬化しにくいスノーワイパーブレードがあります。寒冷期だとゴムは硬化し拭き取り能力の低下したり、雪の場合だとブレードの隙間に雪が詰まり動かなくなったりします。これらの症状を解決するために、低温でも硬化しにくい素材にしたり、雪が詰まりにくい形状のワイパーブレードにしています。





Warning: file(http://sora-gsd.chips.jp/link/11) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-koukan.html on line 76

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/chips.jp-sora-gsd/web/carmaintenance/w-koukan.html on line 78

〜ワイパー&ウォッシャーコンテンツ一覧〜


ワイパーとウォッシャーの点検
ブレードゴムが凸凹していると交換時期なので早めに交換します。また、点検後は汚れをきれいに拭き取ります。そのままにしているとゴムが硬化しやすくなり劣化を・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーとウォッシャーの働き
ワイパーは雨の日だけで、ウォッシャーはフロントガラスが汚れたときに使うだけなのであまり重要視していない人も多いと思います。しかし、ワイパーのゴムが劣化 ・ ・ ・ ・
>>続き

ウォッシャー液の選び方
ウォッシャー液には、ストレートタイプと濃縮タイプがあります。ストレートタイプはそのまま使えますが、濃縮タイプは水で薄める必要があります。どちらのタイ ・ ・ ・ ・
>>続き

ワイパーブレードの交換
ワイパーブレードの寿命は1〜2年なのですが、ほとんどの人が何年も使い続けているのが現状です。ワイパーブレードが劣化する原因は、紫外線や温度差、ワイパー ・ ・ ・ ・
>>続き

ウインドウのコーティングとクリーニング
撥水効果のあるウインドウコーティングを使えば一定の速度になると、ワイパーを使わなくても十分に視界を得ることができます。ウインドウコーティング剤は大きく ・ ・ ・ ・
>>続き