肌から水分が蒸発

エアコンの冷暖房によって部屋の湿度が30%以下になると、肌の角質層の水分が蒸発しやすくなります。
でも、肌には保湿に優れたセラミドや遊離脂肪酸のがあるため、部屋の湿度が30%以下になっても水分の蒸発を防ぎしっとりした肌を保つことができます。

しかし、加齢や生活習慣によってセラミドや遊離脂肪酸の保湿成分をつくる力が低下したり、間違ったスキンケアをしていると肌から水分が蒸発し乾燥肌になります。







TOPPAGE  TOP